これらの項目は英語のみで提供されています

国際人権法

ヨーロッパ人権条約

世界人権宣言は、ヨーロッパ社会で最も重要な取り決めのひとつである、ヨーロッパ人権条約(European Convention on Human Rights)の誕生を促しました。この条約は、1949年に設立された47の加盟国から成る欧州評議会(Council of Europe)によって1953年に採択されました。この組織は人権を強化し、民主主義と法の原則を促進するために結成されました。

条約は、フランス、ストラスブールの欧州人権裁判所(European Court of Human Rights)によって施行されています。この条約に署名し、承認した欧州評議会の47の加盟国のひとつで権利を侵害された個人は、この人権裁判所に援助を求めることができます。ただし、申し立てをする場合は、まず、自国の裁判所でのすべての手段に訴え、ストラスブールの欧州人権裁判所からの援助を得るための申し込み書を提出しなければなりません。

南北アメリカ、アフリカ、アジアにおける人権法文書

南北アメリカ、アフリカ、アジアでは、国際人権章典の延長として、それぞれの地域における人権の保護と推進のための文書が適用されます。

米州人権条約は南北アメリカの各国家と州に関するもので、1978年に発効されました。

アフリカ諸国は独自の「人間と人民の権利憲章」(1981年)を作成し、イスラム諸国は「イスラムの人権に関するカイロ宣言」(1990年)を作成しました。

アジア人権憲章(1986年)は、法律家や人権活動家のグループによって香港で設立された「アジア人権委員会」によって作成されました。これまでに政府機関による憲章は発行されていないため、この憲章は「人民の憲章」といわれています。

人権文書をダウンロードする

1. 市民的及び政治的権利に関する国際規約の選択議定書:1966年12月16日の総会決議2200A(XXI)により採択され署名、批准、追加され、1976年3月23日、第9条に基づき施行される。ダウンロード >>

2. 死刑廃止を目的とする、市民的および政治的権利に関する国際規約の第二選択議定書(ICCPR-OP):1989年12月15日の総会決議44/128によって採択・公布される。ダウンロード >>

3. 経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約:1966年12月16日の国連総会決議2200A(XXI)により採択され署名、批准、追加され、1976年1月3日、第27条に基づき施行される。ダウンロード >>

4. 人権と基本的自由の保護のための条約:議定書番号 11、議定書番号 1、4、6、7、12、13により改正される。ダウンロード >>

5. 人間と人民の権利に関するアフリカ(バンジュール)憲章:1981年6月27日に採択、OAU Doc. CAB/LEG/67/3 rev. 5, 21 I.L.M. 58(1982)、1986年10月21日に施行される。ダウンロード >>

6. 米州人権条約:米州機構条約集第36号、1144 U.N.T.S. 123、1978年6月18日に発効され、米州体制における人権に関する基本文書 OEA/Ser.L.V/II.82 doc.6 rev.1 at 25(1992年)として再版される。ダウンロード >>