人権の擁護者たち
ホセ・ラモス・ホルタ(1949年 ~)

東ティモールの大統領であり、ノーベル平和賞受賞者のホセ・ラモス・ホルタは、成人してからの人生のほとんどを、母国の圧制からの解放運動に捧げました。18歳の時、ラモス・ホルタは東ティモールからモザンビークへと追放されました。当時東ティモールは軍事独裁政権下のポルトガル領であり、政府の失政による発展の遅れと貧困の広がりに対して、率直な批判をしたことが原因でした。その後彼は短期間だけ母国に戻りましたが、ポルトガルの軍事支配をあからさまに批判したかどで、再び1970年から1971年にかけて追放されました。

1974年に、東ティモールはポルトガルからの独立を宣言しましたが、その後間もなくインドネシアに侵略され、別の残忍な占領が始まりました。占領される3日前に東ティモールを去ったラモス・ホルタ(当時25歳)は、その後の24年間、世界の注目を母国東ティモールの窮状に向けさせることに費やしました。

彼は国連で演説し、東ティモールの独立を支援する決議案を通過させるために、国連の代表者たちを説得した最年少の人物になりました。この勝利にもかかわらずインドネシアが占領を続けたため、彼は国連と他の指導者たちに働きかけ、インドネシアを説得して東ティモールの自由を認めさせるように要求し続けました。1996年、同郷のカルロス・フェリペ司教、ジミニーズ・ベロ司教と共に、彼はノーベル平和賞を授与されました。

主にラモス・ホルタの努力によって、東ティモールは2002年に最終的に独立を勝ち取りました。そして2006年に、彼は総理大臣に任命され、2007年には大統領に選ばれました。

ダウンロード »
ダウンロードする