ニュース人権を地球規模で実現する

世界人権宣言の尊重

世界人権宣言70周年記念を開始するために、イベントや行進が惑星規模で開催されました。これはデンマークのものです。

世界人権宣言70周年を開始する開始する170を超えるイベントが40ヵ国で行われました。

1948年12月10日、国際連合総会は、世界人権宣言(UDHR)を採択しました。 歴史的なイベントは総会の3回目、フランスのパリのシャイヨー宮で開催されました。

UDHRは、ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツとユース・フォー・ヒューマンライツのキャンペーンの根底となるものです。 それはすべての人間が持つ、30の侵すべからざる権利を述べています。これらのほどんどは、ほんの少数の人々によって知られているだけです。

故にUHR、2017年12月10日、70周年記念の開始し、40ヵ国、104都市にわたる176のイベントを開催しました。 これらは世界中に広がりました。オーストラリアからインド、イラク、カメルーンやガーナから、デンマーク、フランス、ギリシャ、そしてカナダや合衆国から、ハイチやメキシコ、ペルー、太平洋を横断しニュージーランドへ戻ります。その他の多くの国々がその間に含まれます。

カメルーンでは、UHRチームは全国人権・自由委員会に、彼らの開始イベント…2日間の人権の展示会に招待されました。 そしてチームは4つの学校で2000人の生徒たちに人権セミナーを開催しました。 ケニアの南東では、人権チームがパンディピエリKUAP子供センターとママ・ンギナ子どもの家でセミナーを提供しました。 モロッコのウージャ市、バブアルガルビ歴史的記念碑がイベント会場でした。そこで市民が人権教育が義務化されるようにするために請願書に署名しました。

シドニーでは、先住民のラジオ局シドニー・クーリでラジオ番組を放送し、リスナーに自分たちの権利を啓発しました。 オーストラリアの夏から遥か北、カナダの冬の雪、トロントのUHRボランティアはオンタリオ科学センターでのイベントを主催しました。 彼らはまた警察本部長に招かれ、ヨーク地方警察の市民権式典と人権デー祝賀会に参加しました。

南へ下りワシントンDC。YHRIは、国連協会全国首都圏人権デー・イベントのスポンサーひとつでした。そこでは国連人権高等弁務官がスピーチしました。 ナッシュビルでのUHR支部のイベントは、テネシー州人権委員会、地下鉄対人関係委員会、アムネスティー・インターナショナルや国連協会との協力により開催されました。 また支部は、ナッシュビル市長とテネシー州知事からの声明を受け取りました。

UDHRは、ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツとユース・フォー・ヒューマンライツのキャンペーンの根底となるものです。 それはすべての人間が持つ、30の侵すべからざる権利を述べています。これらのほとんどは、ほんの少数の人々によって知られているだけです。

メキシコシティーでは、YHRメキシコが集団輸送システムと提携。そこは、UDHRを促進する記念地下鉄チケットを2000万発行しました。 エクアドルでは一連のトレーニングが国家警察に提供されました。

大西洋を渡って、ヨーロッパ。デンマークでの生徒と教師による人権のための行進、YHRスペインと、避難者たちが独り立ちし、彼らの人権を学ぶ支援を専門にしている非営利団体であるFOARE協会とのによる請願、ハンガリーのブダペストでは、1,600人もの人々による人権行進などがイベントで行われました。 イタリアでは、グループがブレシア、フローレンス、カリアリ、ノヴァーラ、そしてベローナでイベントを開催しました。 ミラノは独自の人権行進で市を通り抜け、トリノでは、ふたつの福音派アフリカ教会が参加しました。

それは世界各地でのファンファーレと共に行われた歴史的なUDHR70周年祝典でした。



人権の保護

ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツのメンバーになることで国際的な人権運動に参加しましょう ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツは、世界人権宣言に対する意識を向上させるために、世界のあらゆる場所で個人、教育者、団体、行政機関を援助しています。

ダウンロード »
ダウンロードする