2015年冬ニュースレター

世界規模の人権教育プログラム
第2段階 » 治安部隊へ

ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツは、インド中央のマドヤ・パラデシュ州で1万人以上の警察学校の生徒に世界人権宣言についてトレーニングしました。これは国連の人権教育の世界プログラムにおける第2段階に当たります。

2004年12月10日、国連の人権教育の10年を締めくくるに当たって、国連総会は社会の全領域で人権教育の実施を推進するために人権教育の世界プログラムにおける第3段階を発表しました。

第1段階(2005–09年)では、小中学校における人権教育の実施に重点を置きました。

第2段階(2010–14年)では、人権教育を高等教育機関、教師、教育関係者、公務員、警察官、軍人に広げていきました。

第3段階(2015–19年)では、報道関係者やその他のメディア関係者やジャーナリストを対象とした、平等と人種差別反対に関する教育とトレーニングに重点を置きます。 このプログラムの目的は、ステレオタイプや暴力と闘うこと、多様性の尊重を育むこと、寛容さ、異文化や異宗教との対話、社会に共生を呼びかけるものです。

第2段階の強調点の理論的根拠は明確です。教師や高等教育機関の教師、明日を担う市民やリーダーです。 さらに公務員、警察官、軍関係者など他人の権利を尊重し保護する大きな責任を担う人々です。

この責務に加えて、ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツは、世界の大きな困難に直面している地域の治安部隊に、人権の教育とトレーニングを提供するプログラムを実施しました。 この範囲は、インド中央部のマディア・プラディシュ州の警察学校の生徒への人権教育の実施から、コロンビア国軍の人権と国際人道法の学校でのトレーニングに至ります。

2015年初旬の人権教育の世界プログラムにおける第2段階の締めくくりとして、すべての国連加盟国は、このプログラムのこの段階の実施状況を評価し、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)にレポートを提出します。 OHCHRはそれらの国内評価レポートを基に世界レポートを作成し、それを国連の人権機関で最高の人権委員会に提出します。



人権教育における記念すべき出来事

  • 1995–2004年:国連による人権教育の十年

  • 2005-09年:国連による人権教育のための世界プログラムの第1段階は、小学校と中学校における人権教育に焦点を当てる。

  • 2010-14年:高等教育における人権教育と教師や教育関係者、公務員、警察や軍関係者に対するトレーニング・プログラムを強化。

  • 2012年2月:国連総会は、誰もが自分自身の権利、他人の権利を尊重する責任に気付くように人権という普遍的な文化を育成する人権教育とトレーニングに関して国連世界人権宣言を採択。
  • 2015年初旬:国連加盟国は、第2段階の実施に関して人権高等弁護官に報告。

  • 2015年: 人権高等弁務官事務所は国連人権委員会に世界レポートを提出。

  • 2015-19年: メディア関係者やジャーナリストを対象とする平等と人種差別反対に関する教育とトレーニングに重点を置く世界プログラムの第3段階。

人権を地球規模で実現するのを助けよう

ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツのメンバーになることで国際的な人権運動に参加しましょう ユナイテッド・フォー・ヒューマンライツは、世界人権宣言に対する意識を向上させるために、世界のあらゆる場所で個人、教育者、団体、行政機関を援助します。